メインコンテンツエリアです

利用申込に当たって

申込受付の開始・申込方法

利用申込受付は利用される月の1年前の同月の毎月1日の午前9時から1階県民ロビーにて受付を開始します。ただし、その日が日曜日又は国民の祝日に当たるときは翌日。(1月は4日を受付の初日とします。)

  • (例 利用月 30年10月 受付日 29年10月2日)
  • (例 利用月 31年1月 受付日 30年1月4日)
  1. 備付の会場受付表に必要事項を記入し、直接申し込み下さい。
  2. 継続して利用できる期間は5日間です。
  3. 利用時間は準備及び片付け時間も含みます。
申込受付開始日 一覧
ご利用月 受付開始日
平成30年 5月 平成29年5月1日(月)
6月 平成29年6月1日(木)
7月 平成29年7月1日(土)
8月 平成29年8月1日(火)
9月 平成29年9月1日(金)
10月 平成29年10月2日(月)
11月 平成29年11月1日(水)
12月 平成29年12月1日(金)
平成31年 1月 平成30年1月4日(木)
2月 平成30年2月1日(木)
3月 平成30年3月1日(木)
4月 平成30年4月2日(月)

初日受付後の申請方法

初日受付後の利用者申し込みは、休館日を除く午前9時から午後5時まで利用申込窓口(管理事務室内)で随時、受付けます。
(ただし、利用希望日の10日前までで締め切ります。)

  1. 電話などで予約状況を確認の上、利用承認申請書に必要事項を記入し、申込みください。FAX、郵送も可。
    (TEL 055-220-6488 / FAX 055-228-9137)
  2. 継続して利用できる期間は5日間です。利用承認申請書
  3. 利用時間は準備及び片付け時間も含まれます。
  4. インターネットでのお申込みは行っておりません。あらかじめご了承下さい。

利用承認

承認の有無は後日通知します。

利用料の納付

利用料は納入期限内に必ず納めてください。
※納付が確認できない場合は、利用を取り消すことがあります。

利用承認の取消

次の場合には利用承認を取消または利用を停止することがあります。

  1. 申請に偽りがあったとき
  2. 利用承認にあたって付けた条件に違反したとき
  3. 公の秩序や善良な風俗をみだすおそれがあると認められたとき
  4. 管理上支障があると認められたとき

利用料の還付

施設利用料納入後の取り消しに関しましては次の通り利用料を還付します。

  1. 利用期日前6か月までに利用承認の取り消しを申し出たとき → 70%還付
  2. 利用期日前30日までに利用承認の取り消しを申し出たとき → 50%還付
  3. 利用期日前30日以降の取り消しは還付金はありません

利用取り消しに伴うキャンセル料

「利用承認書」発行後の取り消しに関しましては、次のとおりキャンセル料が発生します。

  1. 利用期日前6ヶ月までに利用承認の取り消しを申し出たとき → 30%のキャンセル料
  2. 利用期日前30日までに利用承認の取り消しを申し出たとき → 50%のキャンセル料
  3. 利用期日前30日以降の取り消しは、全額をキャンセル料とさせていただきます。

関係官庁への届け出

利用が承認された場合は、利用内容によりあらかじめ次の官庁に届け出が必要です。

  1. 催物の禁止行為解除:甲府中央消防署HP
    スモークマシン、火気の使用:申請書
  2. 著作権:日本音楽著作権協会

利用方法の打ち合わせ

  1. 催物を円滑に進行するため、利用日の1ヶ月前から10日前までに、催物の進め方・設備器具の利用台数・利用方法・警備等必要な事柄について、担当スタッフと充分な打ち合わせを行ってください。(打ち合わせの日時を電話予約してください。)
  2. プログラム・台本・進行表等は打ち合わせの際に必要とする部数を提出して下さい。

このページのトップに戻る

利用上の注意

1.入館手続き

利用を始める前に必ず舞台事務室内利用当日受付で「利用承認書」を提示し、入館手続きを行ってください。数日にわたっての御利用の場合も同様です。
入館手続き終了後、利用開始時間からホールへの入館が可能となります。手続きが済んでおりませんと、利用開始時間となっても関係者の入館が出来ませんのでご注意ください。
関係者には入館パスをお渡ししますので、ホール内では必ず身に付けていただけますようお願い致します。

2.利用時間の厳守

利用時間は必ず守ってください。
利用時間は「ホールへの入館・搬入・準備(仕込み)」から「片付け(ばらし)・搬出・退館」までの時間を含みます。

3.場内外の整理

入場定員は必ずお守りください。
会場ご利用中、必要に応じて整理員を置き秩序と安全の保持をお願いします。
会場内は立ち見は禁止されています。補助イスの利用もできません。

4.駐車場の利用

主催者駐車場については、駐車台数に限りがありますので、あらかじめホールの承諾をおとりください。なお、一般駐車場(有料)は、最大241台の駐車が可能ですが、できるだけ他の交通機関をご利用ください。

5.ホール係員の立入・設備器具の操作

ホールの係員は管理上、随時会場内に出入りいたします。施設のご利用及び設備器具等の操作につきましては、係員の指示に従ってください。設備器具等のホール外への持ち出しはご遠慮ください。

6.貼り紙看板等の掲示特別な設備等の承認

所定の場所以外への貼り紙や、看板の設置はご遠慮ください。施設等に特別な設備を設置したり、備付以外の物品をご使用になる場合はあらかじめホールの承認を受けてください。

7.火気等の使用

火気及び危険物をご使用になる場合は、必ず消防署に届け出るとともに、ホールの承認を受けてをください。

8.楽屋等の管理

楽屋及び控え室等での貴重品盗難防止、並びにその管理は利用者責任において十分な配慮をお願いいたします。

9.お持込品等の管理

開館中の管理は利用者責任でお願いいたします。閉館後、お持込品等をお預かりした場合、ホールの適切な管理下にあってなお、火災・盗難の事故により亡失または破損した場合には補償の責めを負いません。ご了承ください。

10.現状の回復

利用者はご利用終了後、すみやかに設備器具等の現状復帰に努めてください。

11.修理費の負担

利用者がご利用中に故意または過失により施設又は設備器具等を亡失したり、破損した場合、これによって生じた損害は、利用者に賠償していただきます。

12.退館手続き

催し物終了後は速やかに片づけを行ってください。
ゴミは原則全てお持ち帰り頂けますようお願い致します。
全ての作業が終了後、舞台事務室に「利用日誌」を提出し、退館手続きを行ってください。

13.大規模地震

大規模地震特別措置法第2条13号に規定する警戒宣言が発せられた場合、県民文化ホール大規模地震応急防災規定により催し物を中止していただきます。また開催中の場合は利用者は観客等の避難誘導、器具機材による危険の防護措置に万全を期してください。 。

14.管理責任

地震、火災、停電、その他の災害・事故により、利用者、出演者、入場者に損失が生じた場合、ホールの施設管理上重大な過失が原因で無い限り、その責を負いません。

15.その他

館内で寄付金を集めたり物を売ったり、その催し物に関係ない宣伝を行う場合はあらかじめホールの承認を受けてください。
危険物、不潔な物の持ち込みは固くお断りいたします。

このページのトップに戻る